健康建材のウソ

健康建材を使っても、不健康な家になる。その隠された理由を私がお伝えします。

シックハウスが社会問題となり、建材にも健康配慮が義務付けられました。
どこの会社も「健康建材」や「シックハウス対策建材」という宣伝をするようになりましたが、「健康建材」を使っても、健康住宅になるとは限らないのです。

法律を守っても、シックハウスは防げない

シックハウスは法律で規制されたから、今の家は、健康問題は解決した。
そう思っている人も少なくありません。

ところが・・・
規制された法律の中身に問題があることを多くの人が知りません。

どういうことかというと、
2003年7月1日シックハウス対策規制法が施行されました。住宅を新築する場合、シックハウス対策をしないとならなくなった訳です。

規制された内容は・・・
シックハウスの原因となる化学物質を使用した建材の使用量が制限されたのです。
しかし規制された化学物質は2種類しかありません。加えて室内の化学物質濃度を下げる目的で24時間換気システムの設置も義務付けられました。

規制された化学物質

ホルムアルデヒド 使用制限
クロルピリホス 全面使用禁止

換気設備の設置義務

全ての新築住宅が対象

つまり、法律を守って健康に配慮した家造りをしているといっても、低ホルムアルデヒドの建材が使われて、24時間換気システムが設置されているというだけなのです。
シックハウスの原因となる化学物質は、厚生労働省がガイドラインを設定したものだけでも13種類あるので、2種類だけを対策しても不十分です。

だから、法律を守った建材を使っただけではシックハウスは防げないのです。

しかも換気設備を付けても、電気代がもったいない、音がうるさいと言って止めている人が意外と多い上に、換気設備のダクトにカビが発生し、逆に室内空気汚染の原因となる場合があるのです。

F☆☆☆☆は「単に」低ホルムというだけ

F☆☆☆☆の表示マーク


F☆☆☆☆(エフ・フォースター)の建材は、無制限に使っても問題がないと考えている人がいますが、F☆☆☆☆は、ホルムアルデヒドゼロという意味ではありません。

ホルムアルデヒドを使った建材は、ホルムアルデヒドが揮発するので、その揮発濃度に応じて室内への使用量が制限されています。F☆☆☆☆は揮発する量が少ないので、無制限に使ってよいことになっているのです。

ところが・・・
全てF☆☆☆☆で作った建物でも、建物完成後のホルムアルデヒドの濃度が基準値の2倍になるようなケースがあります。つまり、いくら低ホルムアルデヒドであるといっても、「ゼロ」ではないので、沢山使えば問題になるのです。

それなのに、
「当社は最高等級のF☆☆☆☆を使っております!」などと言う人がいます。
素人ならいざ知らず、プロとしては、F☆☆☆☆の意味とか、シックハウス規制の中身位は理解しておきたいものです。

さらに、「F」は、ホルムアルデヒドの頭文字なので、ホルムアルデヒド以外の化学物質は対策されていないことも知っておく必要があります。
つまり、F☆☆☆☆の建材を使っても、よくて「低ホルム」の家が出来るだけなのです。

健康建材の定義は・・・

アトピッコハウスでも健康建材という言い方をしていますが、健康建材には明確な定義がありません。各社が勝手に言っています。しかし、「健康建材」というカテゴリーが定着していることも事実です。

定義がないので・・・
「低ホルムである」「塩ビは使っていない」というだけで、健康建材といっている場合もあります。つまり、各社の知識とノウハウによっては、品質にバラツキがあるということなのです。

実に、分かりにくいと思います。

ホルムアルデヒドを吸収分解するために別の化学物質を使うケースや、別の化学物質を塗って封じ込めるといった手法も、健康建材とかシックハウス対策建材と言っているケースさえあります。

しかし、「健康建材」という以上、人の健康と地球環境への負荷が少ない素材であるべきだと思います。
自然のものに出来るだけ余計な手を加えない。
それが、まさに「健康建材」であるとアトピッコハウスは思います。

本当に健康な建材とは?

昔の家は、シックハウスなんて問題はありませんでした。
確かに寒かったかも知れませんが、それは、通気性が良かったということ。また使われていた建材も、無垢材や塗り壁材といった本物の自然素材でした。

昔は、それが当たり前でした。
高温多湿の日本では、「夏をもって旨とする」家造りが理想とされたわけです。

では、今の普通の家はどうでしょうか?
確かに暖かくなりました。隙間風など入ってきません。
ところが、普通に造ると、シックハウスになってしまう。

なぜならば・・・

今の普通の家は、床は合板フローリング、壁・天井は、ビニールクロスで出来ています。
床も壁も天井も呼吸しない素材で出来た家。
それが今の普通の家です。

本当に健康な家とは、建物そのものが健康的に造られていて、住む人の健康を害さない。
そして、地球環境への負荷も少ない家だと思います。

閉め切って、エアコンで作った快適さよりも、窓を開けて自然の空気を取り入れた方がどれほど気持ちいいか知れません。

アトピッコハウスが考える「本当に健康な建材」とは、暖房や冷房に頼らなくても、快適に過ごせる家にするための素材です。

本物の自然素材は、呼吸をします。
無垢材の床は温もりがあり、冬場に素足で触れても冷たくありません。
珪藻土などの塗り壁材は調湿性があるので、夏場は冷房しなくても快適に過ごせます。

呼吸する本物の自然素材で造った家こそ、「本当に健康な家」だと思います。

あえて、健康建材を定義すると・・・

健康建材とは、人を健康にする建材ではなく、今の健康状態を悪化させないものであることが最低条件だと思います。

そして、更に定義するとしたら・・・
呼吸する自然な素材で出来た家で生活することで、健康な人は今の健康を維持でき、デリケートな状態の人は、気が付いたら健康になっていたというのが理想だと思います。

つまり健康建材とは、化学物質が氾濫する以前の建材、そして、アレルギーやアトピーなどが無かった時代に使われていた建材に近い素材であると定義するべきだと思います。

  • お問い合わせは0467-33-4210
  • お問い合わせフォームはこちら

資料請求はこちら