創業の想い


アトピッコハウス設立のキッカケは「妻のアトピー」です。大工にあこがれ建築を学び、学校卒業後はハウスメーカーに就職。昭和53年当時の私は何の疑問も無く、「色・柄・形」が優先するカッコイイ住宅を作っていました。「シックハウス」や「住宅と健康」の問題は当時話題にさえ上りませんでした。

しかし妻のアトピー体験を通して「女の子が思春期に悲しい思いをしただろうな」ということに胸が熱くなりました。またダイビングのライセンスを取りに行った時の伊豆の宿で「私汚い?」と聞かれ「彼女のいじらしさ」に胸がつぶれる思いがしました。アトピーが治るといいなー。直してあげたいなと強く思うキッカケだった気がします。

彼女のアトピー治療の過程で、「シックハウスがアトピー悪化の原因」の一つであることも知りました。アメリカやカナダでは日本より10年以上も前にシックハウスと健康障害が社会問題となり対策も進んでいました。私は現地を訪れ専門家から「原因と対策」を学びました。また国内第一級の各分野(室内環境、測定、化学物質、ダニ・カビ等生物汚染物質、内科医、皮膚科医、その他)の専門家の話も聞きました。そして理解したことは「専門家は自分の専門分野しか詳しくない」「アレルギーの問題は衣食住全て配慮しないとならない」「トータルな配慮とアドバイスが不可欠」「情報を整理する人が必要」だということです。

アトピッコハウス設立を思い立った頃、私は妻を風呂場に追いかけて行ってまで捕まえて「熱い思い」を語っていました。別に、単に聞いてきた話をするだけのこともあれば、アイデアや思い付きを説明するだけのこともありましたが、とにかく「熱かった」。

私は、アレルギーやシックハウス問題を徹底して学びました。そして、シックハウス対策リフォームの専門会社としてアトピッコハウスを設立したのです。

アトピーの発症・悪化には色々な原因があり、「住宅に起因する理由」も沢山あります。しかし、ユーザー(妻も含めて)は「不勉強」あるいは、「正しい情報に出会えない」ために症状を悪化させています。だからこそ、アトピーを悪化させない住空間の提供を提案するアトピッコハウスの存在意義があると思います。

外断熱だからとか、
自然素材を沢山使っているからだとか、
F☆☆☆☆だからとか、
珪藻土を使っているとか、
etc・・・

これらは単に一つの要素に過ぎません。また間違った要素の積み重ねである場合さえあります。

気密性が高い建物は汚染空気が入替らず、
自然素材も防カビ・抗菌加工がされ、石油系塗料が塗られていたり、
高性能建材からは有害化学物質が揮発し、
F☆☆☆☆といっても、所詮は「低ホルム」、
規制されてなければ、有害物質も使っているし、
珪藻土といっても接着剤で固めていたり、
etc・・・

私なら、安全な建物を造り、安全な生活用品を選び、どう暮らせばアトピー・アレルギーが悪化しない生活が送れるかをアドバイスできます。「アレルギー症状を悪化させない家」造りのお手伝いがしたい、させてほしい。衣食住トータルな配慮が必要であることを教えてあげたい。それがアトピッコハウス創業の想いです。

あれから17年・・・
アトピッコハウスは安全な畳の開発をキッカケに、自然素材内装材の総合メーカーへと進化しました。本物健康建材の第一人者と呼ばれるようになった今でも、私の創業当時の熱い想いは変わりません。しかし今は、本物と呼べる建材の開発と、本物を伝えてくれる人を増やすことに情熱を注いでいます。それは、私1人で頑張っても全国に「本物の家」を作ることが出来ないからです。

そして、本物をいかにしてお客様に伝えたら良いかといった私自身が苦心してきた「本物の伝え方」を、本物の家を作りたいと考える全国の仲間に教えることに生きがいと誇りを感じています。

アトピッコハウス株式会社
代表取締役  後 藤 坂

  • お問い合わせは0467-33-4210
  • お問い合わせフォームはこちら

資料請求はこちら