工務店のブログ活用法とは?

投稿日:2017年01月20日 作成者:


工務店のブログ活用法に関して書いてみたいと思います。
今さらブログですか? という人もいるだろうし、
ブログなんて書いていますよという方も

多いとは思う。

ただ、ブログの扱いを疎かにしているため、
お客様から「支持されない理由」を
作っているかも知れないと考えると、

ちょっと怖くなると、思います。
では、始めましょう。

ホーページは固定情報

工務店セミナー開催中

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス代表の後藤坂です。
ホームページは大事だし、「出来のいい」ものを用意しないと
ならないと思います。

どう「出来がいい」かというと、
・読んでくれて
・好きになってくれて
・資料請求とか問合せといった行動を起こしてくれる

そんなホームページがいいという意味です。

しかし、ホームページは、一旦完成させると、
ある意味固定情報です。

そうしょっちゅう、更新はしませんし、
追加のコンテンツも増やさない。

となると、簡単にコンテンツを増やせるブログの活用が
重要になってくる訳です。

自社ドメイン直下のブログであれば、
ブログを書くことで、自社サイトも活性化する。

SEO的にも、それが大切な訳です。

ブログ活用は、今を伝える手段

ホームページは、ある意味、固定情報だと言いました。
そして、ブログ活用こそ「今を伝える」情報発信手段
ということになる訳です。

自社の「今」を発信することで、
・会社が生きていること
・元気であること

が、伝わります。

更新されないブログはやばい

昔、セミナーに来られた方が、
ブログを「書いていた」というので、

最後の記事は、いつ書きましたか? と聞くと、
2年前だとおっしゃいました。

その間、ホームページも更新されていません。

そんなホームページなり、ブログを見た際、
ユーザーの方は、何を感じるでしょうか?

「ブログ止めちゃったんだぁ~」でしょうか?
違います。それでは、すみません。

「この会社、まだあるんだろうか?」です。
恐ろしい~

でも、事実です。
今の時代、2年もブログ更新をしていなければ、
会社が「倒産」か「廃業」したと思われても、仕方ありません。

ブログは無い方がいいのか?

では、更新されないブログなら、
「無い方がいい」のでしょうか?

いえいえ、それも違います。
ブログもない、SNSも使っていないとなると、

「生きている」自分の会社の「今」を
伝えることが出来ません。

その意味でも、ブログを書いて、
自分の会社の「今」を伝えたい。

・こだわり
・日々の出来事
・ユーザーのお役立ち情報
・自分が何者であるか?
・何を成し遂げたいと考えているか?

等々。

書けることは、山のようにあります。

文章が苦手だからといって、
「立ち止まって」いて、いいのでしょうか?

動かないことは、「生きていない」ことを示し、
「不信感を醸成」してしまいます。

だから、ブログはコツコツと書いて、
自分の会社が生きていることをアピールしたい。

それが、工務店の正しいブログ活用法だと思います。

SNS等の活用方法は?

さらに言うと、ブログの活用と同時に、
SNSも、しっかりと活用したい。

SNSとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスのこと、
つまり、Facebookとか、Twitterのことですね!

ブログを書くのと同様に、FacebookやTwitterも
活用しましょうという訳です。

ブログを書いたら、SNSに紹介する。

ただし、SNSは、商売の道具ではないから、
「正しい」使い方をする。

売込みがきついと嫌われるし、無視されます。
でも、正しく活用すれば、

自分の伝えたいことを知ってもらえるチャンスが
広がります。

いかがでしょうか?

工務店が、ブログを活用する意味が理解頂けたでしょうか?
工務店は「家を作る」のが仕事です。

いい仕事さえすれば、自然な形で仕事を
頼まれた時代は、昔です。

ホームページで、しっかりと自社のことを
情報発信して、

ブログも、しっかりと活用して、
自社の「強み」「こだわり」「伝えたいこと」等を、

リアルタイムに情報発信したい。
それが、工務店のブログ活用法だと思う訳です。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社の建材で差別化したいとお考えの方は、資料をご請求ください

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、ホームページやブログを始め、
メルマガ、Facebookその他、インターネットを活用することで、
「売り込まなくても、買って頂ける」会社になりました。

そして、そのノウハウを会員工務店に教えたら、
彼らも「売り込まなくても、契約を頂ける」ようになりました。

今は、そのノウハウを工務店セミナーで公開しています。
興味のある方、「工務店Web集客自動化セミナー」にお越しください。

工務店セミナーは、こちら

カテゴリー: 工務店 ブログ 活用 | タグ: , , | 工務店のブログ活用法とは? はコメントを受け付けていません。

顧客を育てると、競合はなくなる

投稿日:2016年12月20日 作成者:


今すぐ建てるお客様というのは、誰もが欲しい。
だから「問合せ」が入ると、追い掛け回す。

しかし、2年後、3年後とか、そのうちというお客様は、
追いかけないというか、ほったらかし。

というのが、通常のパターンだと思います。

しかし、今すぐ客は、「競合」になるけど、
「そのうち客」を育てると「指名客」に育つことを
知らない。

ちょっと詳しく考えてみましょう。

今すぐ客を追いかけるから苦しい

見込み客育成型CRMとは?

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス代表の後藤坂です。

今すぐ建てるお客様というのは、
「どこの会社に頼もうか?」と、依頼先を探している。

しかし、工務店の良し悪しなんて、
何を基準にして比較したらいいかなんて、
分からない。

だから「価格」で比較し、「値段、値段」と言う。

そして、工務店も、「今すぐ」建てるお客様が欲しい
と考えるから、お客様の言いなりになるし、

「競合になる」から、楽しくないし、儲からない。
しかも、トラブル可能性も高くなる。

2年後、3年後の客は追いかけない

実際の所は「追いかけない」というよりは、
「ほったらかし」というのが、実態に近いと思います。

しかし、「2年後、3年後」と言っていても、
家づくりの準備は、年単位で時間がかかるものだから、
あっという間に、2年、3年経ってしまう。

であるなら、「今すぐ」建てないお客であっても、
キチンとしてフォローして、

ご縁が途切れないようにしておきたい。

といっても、特別なことをしなければならない訳じゃない。

本当に「2年後、3年後」なのか? 「理由は何なのか?」
それを見極めて、キチンとした理由があって、

2年後、3年後と言うのであれば、
簡単に時期が早まることはないのだから、

「時期が来るまで」関係が途絶えないようにする。
そのためには、ニュースレターを送り続けることが、

いいと思う訳です。

時間を味方に付ける発想

今すぐ建てなくても、いずれ必ず建てるのなら、
「その時のために」知っておいた方がいいことというのは、

あります。

我々は、プロとして、「その重要な情報」を提供してあげる
ことに価値があると思う訳です。

強い売込みをかけず、かといって、
関心を示さない訳ではない。

「時期が来るまで」お待ちしていますよ!

その間、私がお届けする「お役立ち情報」をご活用ください。
そして、時期が来たら、ぜひ私に頼んでください。

そんな思いで、「情報」を届け続ける訳です。

そんな関係が、半年も1年も続いたら、
いざ建てる時期が来たら、誰に相談すると思いますか?

もちろん、「自分」である筈だし、「自分」になるような
関係性の構築が大事です。

しかし、それが出来れば、競合は消えます。

ニュースレターを送り続ける

毎月ニュースレターを送り続けましょうと
言われても、書けない、やれない、発送出来ない
という人も多いと思います。

だからこそ、「やる」ことに意義があるし、
「やった」人に成果が出るのだと思います。

ニュースレターを送る際には、
「社長の挨拶文」「お役立ち情報」「チラシ」の3点セットにしたい。

まずは、自分を知ってもらい、好感を持ってもらい、
「お役立ち情報」を提供することで感謝され、
お客様がアクションし易いようにチラシも入れておく。

専門家として認識される

自分を覚えてもらうといっても、
「何の専門家」なのか正しく認識されないと、

意味がありません。

人柄が信頼できて、家づくりの専門家として、
情報を送り続けてくれた人。

そう認識されるから、いよいよ
家作りの時期が来た時に、声を掛けてくれるのだと
思います。

いかがでしょうか?

魔法の方法ではありませんが、
毎月、毎月、3点セットの「ニュースレター」を
お送りし続ければ、

お客様と仲良くなれて、
建てる時期が来たら、相談頂けそうな感じが
してきたでしょうか?

顧客を育てるというと語弊がありますが、
時間をかけて「関係性」を構築すると、

競合が消えて、指名客に育つということです。

しかし、毎月自社オリジナルのニュースレターなんて、
書けないし、作れないし、送れないという人は多い。

そこで作ったのが、見込み客育成システム
住宅営業お便り当番」なのです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社の建材で差別化したいとお考えの方は、資料をご請求ください

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、ホームページやブログを始め、
メルマガ、Facebookその他、インターネットを活用することで、
「売り込まなくても、買って頂ける」会社になりました。

そして、そのノウハウを会員工務店に教えたら、
彼らも「売り込まなくても、契約を頂ける」ようになりました。

今は、そのノウハウを工務店セミナーで公開しています。
興味のある方、「工務店Web集客自動化セミナー」にお越しください。

工務店セミナーは、こちら

カテゴリー: 顧客 育てる | タグ: , | 顧客を育てると、競合はなくなる はコメントを受け付けていません。

工務店に響く、加盟店募集案内とは?

投稿日:2016年07月15日 作成者:


アトピッコハウスは建材メーカーです。
家は建てていません。

それで、自社の建材を使った家を建ててくれる
工務店のネットワークを作ろうとして、

加盟店募集の案内を書いてみました。
しかし、完成したそれは、自分が「言いたい」ことであって、
工務店が「聞きたい」ことではない。

どういう切り口の話なら、工務店に響くのか?
そんなことを模索しています。

工務店の悩みは、集客と契約

工務店セミナー開催中

アトピッコハウス代表の後藤です。
私の会社は「施主指定」によって、売上げが立つ会社になりました。

しかし、施主が自ら「仕様変更」を依頼しなくても、
工務店が標準仕様として、

アトピッコハウスの建材を使ってくれていれば、
うちの内装材を希望してくれるお客様に、

「その地域なら、あの工務店」に行ってください。と紹介できる。
その体制を整えるために、

全国200社の会員工務店を作りたいと考えている訳です。

組織としては、フランチャイズというよりは、
ボランタリーチェーンに近いものです。

本部であるアトピッコハウスと、会員工務店が、
ゆるく繋がって、会員相互にも交流がある。

販売ノウハウや、営業支援ツールを本部が提供し、
成功事例等を、仲間で共有する。

営業エリアは、登録制になっているから、
ある一定の義務を果たせば、自分の担当エリアに

競合は入ってこない。

さらに、アトピッコハウスは、建材メーカーなので、
加盟金やロイヤリティを、無料にするということが出来る。

フランチャイズに入るという選択肢

工務店の日常的な悩みは、仕事を確保することだと思います。
集客をし、安定的に契約を頂くことです。

そのための選択肢として、フランチャイズに入るという
ことも考える。

上手く行っているフランチャイズに入れば、
集客も契約の獲得も楽になると考えるからです。

チラシの雛形が手に入ったり、
本部が共同広告を打ってくれることもある。

そのために、数百万単位の加盟金が必要であったり、
毎月の会費や、成約に応じて、ロイヤリティ支払いの義務
などといったこともある。

確かに、フランチャイズに入れば、上手く行く
という場合もあると思います。

だから、そうしたニーズもあるのだと思う。

加盟金なしは、動機付けにならない

アトピッコハウスは建材メーカーだから、
建材が売れれば経営が成り立つ。

だから、会員工務店を増やそうとしているし、
工務店支援の各種ツールを開発してきた経緯があります。

そして、今は「認定加盟店」という切り口で、
会員を募集しようとしています。

うちとしては、最終的に建材が売れればいい訳なので、
高額な加盟金や、毎月のロイヤリティを頂く必要もない。

契約が取れたら、建材を買ってくれればいい。
それに、アトピッコハウスの内装材を使ってほしいという
お客様は、結構な数いるので、

そうしたお客様からの問合せも行く筈。

だから、加盟金もロイヤリティもなしで、
加盟店を募集しますというと、

それなりに「響く」のかと思ったら、
どうも、そうではないらしい。

「欲しい」と思って、「価値」を感じたら、
500万の加盟金でも、1億の初期投資でもするのが、

この業界の特性です。

しかし、我々が会員になってもらいたいと考えている
工務店は、1億円の初期投資が出来る会社ではありません。

少ない予算と、多くの努力で、
安定的な集客と、契約を確保したいと考える

地域密着の小さな工務店です。

集客や契約のノウハウを買う

規模の大小に関係なく、
集客や、契約の獲得に陰りが見え始めると、

高額なノウハウを購入したり、
コンサルに頼ったり、セミナーに参加するといった方が
多いと思います。

それも1つの方法だと思います。

新しい集客ノウハウを学んで実践し、
それで上手く行くのなら、

それで十分かも知れません。

しかし、多額の費用を使って、瞬間的に集客できても、
自社の「営業体制」が仕組み化出来ていないと、

集客しても、しても、契約には繋がらないと思います。

それに、集客の質と、顧客ターゲットが間違っていたら、
こちらも契約にならないと思います。

私の会社は、工務店社長にスポットを当てています。
小さな工務店の最大の武器は、
工務店社長自身だと思うからです。

だから、地域密着の真面目な工務店社長と、
ご縁を持ちたいと思っています。

そして、アトピッコハウスで提供できるコンテンツで、
営業支援したいと思っているのです。

・規格型の住宅商品「べっぴんハウス」も作りました
・見込み客育成型CRM「住宅営業おまかせ君」も作りました
現場見学会の展示物も作りました
工務店ブランディングのためのツールも作りました
・ニュースレターの雛形も作っています
・おまかせ配送という画期的なシステムも導入しました

などなど、アトピッコハウスの後方支援は、
相当に役立つ筈です。

では、どうやったら、「その価値」に気がついてくれ、
ネットワークに参加したいと思ってもらえるか?

今は、そのことを日々考えている訳です。

アトピッコハウスが確立した
「営業マンに頼らない」販売スタイルは、

こちらのセミナーで学べます。

工務店セミナーは、こちら

現在、「べっぴんハウス」の専用サイトを作っています。
そして、加盟店の募集案内も制作中です。

お問い合わせは、こちらにお願い致します。

お問い合わせは、こちら

カテゴリー: 工務店 加盟店募集 | タグ: , | 工務店に響く、加盟店募集案内とは? はコメントを受け付けていません。

工務店フランチャイズチェーンと認定制度の違い

投稿日:2016年07月12日 作成者:


工務店の生き残り策の1つとして、
フランチャイズチェーンに加盟するという選択肢がある。

しかし、高額な加盟金が必要だし、
売上げに応じて、ロイヤリティの支払いもある。

確かに、集客や販売のノウハウを提供してくれたり、
集客そのものを代行してくれたりと、

地域密着の小さな工務店単独で展開するには無理がある
ようなことでも、本部の力で、

なんとかなってしまう場合もある。

では、アトピッコハウスが提供しようとしている
加盟金もロイヤリティも必要としない

認定工務店制度とは、いったいどんなものなのでしょうか?

一般的な工務店フランチャイズチェーンとの違いと
比較しながら、ご紹介したいと思います。

加盟金も、ロイヤリティも必要ない

工務店セミナー開催中

アトピッコハウス代表の後藤坂です。
私の会社は、自然素材の内装材メーカーです。

家は建てていません。

お客様は、ハウスメーカーとか、工務店といった
建築業者の方です。

しかし、建築業者さんに営業を仕掛けずに、
家を建てるユーザーに「支持」してもらうことを
心掛けて、現在の立場を築いています。

そして、今、構築しようとしているのが、
認定工務店の組織化です。

アトピッコハウスは、建材メーカーなので、
建材が売れれば、会社は維持できます。

そして、うちで作っているのは、自然素材の内装材だけなので、
それ以外は、工務店さんの自由でいいわけです。

しかも、工務店のフランチャイズのような
高額な加盟金や、月々のロイヤリティを頂く必要はありません。

家が売れた時に、床壁天井の内装材を買ってくれれば、
それでいいのです。

共存共栄がベースです

アトピッコハウスは、内装材の建材メーカーです。
作っているのは、無垢フローリングとか、
珪藻土や漆喰調の塗り壁といった

いわゆる自然素材と呼ばれる内装材です。

お問い合わせや資料請求してくれる方は、
自然素材の家にあこがれを持つ方々です。

アトピッコハウスでは、これまで、
お客様に支持して頂き「施主指定」して頂くことで、

工務店さんや、ハウスメーカーさんに、
自社製品を買ってもらっていました。

しかし、これだと、施主の負担が大きい。
それに、アトピッコハウスの素材を断念しないとならない
ケースも発生します。

それで、うちの素材を「普通に」提案してくれる
工務店ネットワークを作ろうと考えました。

うちの場合は、建材が売れればいいので、
通常の工務店フランチャイズと違って、

加盟金やロイヤリティを取る必要がない。

工務店が売れれば、共存共栄できる。
それに、アトピッコハウスの素材を使った家を希望する
ユーザーの希望にも叶うと考えた訳です。

そこで、「認定工務店制度」を作ろうと考えました。

自然素材を希望するお客様が居る

アトピッコハウスには、毎月500件程度の
資料請求やお問い合わせが入ります。

その全ての方が、アトピッコハウスの熱烈なファンである
とは言いませんが、結構な割合で、

熱いコメントを頂戴します。

それは、社長である私の創業物語であったり、
製品に対するこだわりや品質に共感頂けている
からだと思います。

今は、お客様が「アトピッコ製品にして欲しい」と
工務店にリクエストしないとなりませんが、

アトピッコハウスの認定工務店が全国に広がれば、
各地域の認定工務店に、工事を依頼すれば、済む流れに
変わるのです。

そのために、加盟金もロイヤリティも頂かない
全国200社の工務店フランチャイズチェーンを
構築したいと思っています。

決まっているのは、内装だけ

アトピッコハウスは、自然素材の内装材専門メーカーですから、
製造販売しているのは、

内装材だけです。

そして、家を建てるユーザーが希望してくれるのも、
無垢フローリングや、塗り壁といった

自然素材の内装材です。

そこで、「べっぴんハウス」という規格型の注文住宅も
製品化しました。

あらかじめ決めているのは、内装だけです。
しかし、自然素材を希望するユーザーなので、

それで希望に叶う訳です。

内装以外の部分は、工務店各社の
いつもの仕様、いつもの建て方で良いというシステムにしています。

構造も、設備も、断熱材も、
各社が得意とするやり方で、建てて頂いていいのです。
販売価格も、自由に決定して頂けます。

工務店のフランチャイズチェーンというよりは、
ボランタリーチェーンに近いと思います。

フランチャイズチェーンの場合は、
本部と、加盟店との1対1の関係ですが、

我々が展開しているのは、
「認定加盟店」各社が、情報やノウハウを共有することが出来て、
互いに応援しあえ、刺激を与え合える

そんな組織を目指しています。

また、アトピッコハウスは、「認定工務店制度」の
本部として、

工務店フランチャイズが提供しているような
機能、ノウハウを提供し続ける覚悟です。

これまでも、様々な工務店支援策を打ち出してきました。
今後も、同様に工務店支援策を打ち出して行きます。

ハーレーをベースにしたCRMが使える

アトピッコハウスが開発または、導入した
最新の工務店支援策の一つに、

見込み客育成型CRM「住宅営業おまかせ君」という
クラウドで動く顧客管理ソフトがあります。

これは、大型バイク販売で、圧倒的№1の立場を構築した
ハーレーダビットソンジャパンが開発した

顧客管理ソフトをベースにして勝発した
工務店用の「顧客管理システム」です。

詳細は、こちらをご覧ください。

どこの工務店も同じだと思いますが、
今すぐ建てるお客様は、一生懸命追いかけますが、

2年後、3年後といった「そのうち客」は、
ほったらかしの状態になっていると思います。

しかし、「そのうち」のお客様をフォローすると、
「指名客」に育つ可能性があります。

住宅営業おまかせ君を使えば、その「そのうち客」を
営業マンや事務スタッフに頼ることなく、

安定的、定期的、継続的なフォローが出来る
ようになります。

まだまだ提供できることは沢山あります

アトピッコハウスは、建材メーカーですから、
家は建てていません。

建材が売れればいいのです。

そこで、アトピッコハウスの建材を気に入ってくれて、
採用してくれる会社、使ってくれる工務店を
応援したいと考えています。

だから、フランチャイズチェーンのような
工務店ネットワークを作ろうとしています。

しかし、一般の工務店フランチャイズのように、
加盟金やロイヤリティは必要としていません。
詳しいことがお知りになりたい方は、こちらから
お問い合わせください。

お問い合わせは、こちら

 

アトピッコハウスは、ホームページやブログを始め、
メルマガ、Facebookその他、インターネットを活用することで、
「売り込まなくても、買って頂ける」会社になりました。

そして、そのノウハウを会員工務店に教えたら、
彼らも「売り込まなくても、契約を頂ける」ようになりました。

今は、そのノウハウを工務店セミナーで公開しています。
興味のある方、「工務店Web集客自動化セミナー」にお越しください。

工務店セミナーは、こちら

カテゴリー: 工務店 フランチャイズチェーン | タグ: , | 工務店フランチャイズチェーンと認定制度の違い はコメントを受け付けていません。

ハウスメーカーとの違いを、どう際立たせるか

投稿日:2016年06月22日 作成者:


工務店経営者の想いとしては、ハウスメーカーより、
俺たちの方が、いい家を建てていると気持ちは、
強いと思います。

頼んでさえくれれば、絶対に、いい家を建てる自信がある
とも考えていると思います。

しかし、ハウスメーカーとの違いを、どう表現し、
家を建てるユーザーにアピールするのか?

そこに明確な考えを持っていない場合も多いように思うので、
私が感じる、工務店が、ハウスメーカーとの違いを
際立たせるための方策を考えてみたい。

まずは、地域密着であること

工務店セミナー開催中

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス代表の後藤坂です。
工務店とハウスメーカーの違い1つ目は、
地域密着であるという点だと思います。

親の代から、2代、3代にわたって、その地域で、
工務店の仕事をしているということだと思います。

一昔前なら、街の棟梁として、一目置かれたし、
家を建てるとか、直すというと、

自然と、相談される相手でもあった訳です。

その名残りは、今でも残っていると思います。

地域密着だから、逃げも隠れも出来ない。
だから、悪い噂が立たないよう、

誠心誠意、真面目に仕事をしている筈です。
これは、ハウスメーカーと違う、大きなポイントでは、
ないでしょうか?

2つ目の違いは、担当者が変わらないこと

これも当たり前と言えば、当たり前の話ですが、
工務店は、家族経営か、少人数の社員スタッフで
経営している筈ですから、

社長が直接営業をしていることも多いと思います。

社員に任せっぱなしで仕事が進み、
社長が、お客様に会わないということはない筈です。

20年、30年経っても、責任を持って、
家をメンテナンスする筈ですから、

その点でも、ハウスメーカーと違うと思います。

もちろんハウスメーカーでも、保証制度がしっかりしている筈ですから、
工務店も、ウカウカしていると、

ハウスメーカーに負けてしまうかも知れません。
だからこそ、しっかりと、お客様管理を
すべきだと思います。

営業経費が少ないことも、違いの1つ

ハウスメーカーは、住宅営業マンを雇い、
住宅展示場を運営し、
タレントを使って、宣伝広告し、

豪華なパンフレットなども用意する訳ですから、
営業経費が掛かって、当然だと思います。

それに反して、工務店の場合は、
家族経営で小さくやっている訳ですから、

営業経費は、ハウスメーカーよりも少ない。
だから、同じ金額なら、ハウスメーカーより、
いい家が建てられる筈だし、

同じ仕様なら、ハウスメーカーより安く建てられる筈なのです。

管理部門のスタッフが少ないこと

工務店は、ハウスメーカーと違って、
会社が小さいですから、

家づくりに直接関係のない管理部門の人間も、
少なくて済みます。

もちろん、研究開発が必要ないとか、
経営のことを考えなくていいという訳ではありません。

新しい技術を学んだり、法改正に関しても、
正しく理解し、対応する必要はあります。

しかし、工務店の場合は、
ハウスメーカーより、圧倒的に管理部門の経費が
少なくて済む筈です。

それも、強みとして訴えられる筈です。

ただし、品質が悪い訳ではない

工務店は、ハウスメーカーと比較すると、
信用も、資金も、スタッフも少ないと思います。

しかし、だからといって、
品質が悪い家を建てている訳ではありません。

ハウスメーカーに家を頼んでも、
実際に工事するのは、「下請け」の工務店ですから、

ハウスメーカーというのは、「家」の「ブランドメーカー」であり、
販売会社といった意味合いです。

家を実際に作っているのは、工務店だとするなら、
最新の技術や法規制に対処していない訳がありません。

もちろん少人数でやっているという
マンパワーの限界はありますが、

不必要な経費が掛かっていないのですから、
品質の高い「いい家」を、ハウスメーカーよりも

安く提供するという営業展開も
可能な筈です。

結局、工務店は不利ではない

工務店は、ハウスメーカーと違って、
ないものも沢山あるけど、

住宅展示場も、格好いい営業マンも、
豪華なパンフレットも、テレビCMも、

全部いらないものだと考えれば、問題ない訳です。

ハウスメーカーとの違いを際立たせて、
地域工務店ならではの戦い方をすればいいと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社の建材で差別化したいとお考えの方は、資料をご請求ください

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、ホームページやブログを始め、
メルマガ、Facebookその他、インターネットを活用することで、
「売り込まなくても、買って頂ける」会社になりました。

そして、そのノウハウを会員工務店に教えたら、
彼らも「売り込まなくても、契約を頂ける」ようになりました。

今は、そのノウハウを工務店セミナーで公開しています。
興味のある方、「工務店Web集客自動化セミナー」にお越しください。

工務店セミナーは、こちら

カテゴリー: ハウスメーカー 違い | ハウスメーカーとの違いを、どう際立たせるか はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210 受付時間:平日8:00~17:00

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

後藤坂の「日刊メルマガ」地域 No.1工務店になる起業家マインド
メールセミナー 小さな会社の必勝法
メルマガ登録 実録「塩にぎり物語」

Calendar

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

工務店支援セミナー

Facebook(後藤 坂)

facebook

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー