ハウスメーカーとの違いを、どう際立たせるか

投稿日:2016年06月22日 作成者:


工務店経営者の想いとしては、ハウスメーカーより、
俺たちの方が、いい家を建てていると気持ちは、
強いと思います。

頼んでさえくれれば、絶対に、いい家を建てる自信がある
とも考えていると思います。

しかし、ハウスメーカーとの違いを、どう表現し、
家を建てるユーザーにアピールするのか?

そこに明確な考えを持っていない場合も多いように思うので、
私が感じる、工務店が、ハウスメーカーとの違いを
際立たせるための方策を考えてみたい。

まずは、地域密着であること

工務店セミナー開催中

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス代表の後藤坂です。
工務店とハウスメーカーの違い1つ目は、
地域密着であるという点だと思います。

親の代から、2代、3代にわたって、その地域で、
工務店の仕事をしているということだと思います。

一昔前なら、街の棟梁として、一目置かれたし、
家を建てるとか、直すというと、

自然と、相談される相手でもあった訳です。

その名残りは、今でも残っていると思います。

地域密着だから、逃げも隠れも出来ない。
だから、悪い噂が立たないよう、

誠心誠意、真面目に仕事をしている筈です。
これは、ハウスメーカーと違う、大きなポイントでは、
ないでしょうか?

2つ目の違いは、担当者が変わらないこと

これも当たり前と言えば、当たり前の話ですが、
工務店は、家族経営か、少人数の社員スタッフで
経営している筈ですから、

社長が直接営業をしていることも多いと思います。

社員に任せっぱなしで仕事が進み、
社長が、お客様に会わないということはない筈です。

20年、30年経っても、責任を持って、
家をメンテナンスする筈ですから、

その点でも、ハウスメーカーと違うと思います。

もちろんハウスメーカーでも、保証制度がしっかりしている筈ですから、
工務店も、ウカウカしていると、

ハウスメーカーに負けてしまうかも知れません。
だからこそ、しっかりと、お客様管理を
すべきだと思います。

営業経費が少ないことも、違いの1つ

ハウスメーカーは、住宅営業マンを雇い、
住宅展示場を運営し、
タレントを使って、宣伝広告し、

豪華なパンフレットなども用意する訳ですから、
営業経費が掛かって、当然だと思います。

それに反して、工務店の場合は、
家族経営で小さくやっている訳ですから、

営業経費は、ハウスメーカーよりも少ない。
だから、同じ金額なら、ハウスメーカーより、
いい家が建てられる筈だし、

同じ仕様なら、ハウスメーカーより安く建てられる筈なのです。

管理部門のスタッフが少ないこと

工務店は、ハウスメーカーと違って、
会社が小さいですから、

家づくりに直接関係のない管理部門の人間も、
少なくて済みます。

もちろん、研究開発が必要ないとか、
経営のことを考えなくていいという訳ではありません。

新しい技術を学んだり、法改正に関しても、
正しく理解し、対応する必要はあります。

しかし、工務店の場合は、
ハウスメーカーより、圧倒的に管理部門の経費が
少なくて済む筈です。

それも、強みとして訴えられる筈です。

ただし、品質が悪い訳ではない

工務店は、ハウスメーカーと比較すると、
信用も、資金も、スタッフも少ないと思います。

しかし、だからといって、
品質が悪い家を建てている訳ではありません。

ハウスメーカーに家を頼んでも、
実際に工事するのは、「下請け」の工務店ですから、

ハウスメーカーというのは、「家」の「ブランドメーカー」であり、
販売会社といった意味合いです。

家を実際に作っているのは、工務店だとするなら、
最新の技術や法規制に対処していない訳がありません。

もちろん少人数でやっているという
マンパワーの限界はありますが、

不必要な経費が掛かっていないのですから、
品質の高い「いい家」を、ハウスメーカーよりも

安く提供するという営業展開も
可能な筈です。

結局、工務店は不利ではない

工務店は、ハウスメーカーと違って、
ないものも沢山あるけど、

住宅展示場も、格好いい営業マンも、
豪華なパンフレットも、テレビCMも、

全部いらないものだと考えれば、問題ない訳です。

ハウスメーカーとの違いを際立たせて、
地域工務店ならではの戦い方をすればいいと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社の建材で差別化したいとお考えの方は、資料をご請求ください

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、ホームページやブログを始め、
メルマガ、Facebookその他、インターネットを活用することで、
「売り込まなくても、買って頂ける」会社になりました。

そして、そのノウハウを会員工務店に教えたら、
彼らも「売り込まなくても、契約を頂ける」ようになりました。

今は、そのノウハウを工務店セミナーで公開しています。
興味のある方、「工務店Web集客自動化セミナー」にお越しください。

工務店セミナーは、こちら

カテゴリー: ハウスメーカー 違い | ハウスメーカーとの違いを、どう際立たせるか はコメントを受け付けていません。

注文住宅のコストダウン5つの秘訣

投稿日:2016年05月16日 作成者:


注文住宅は、お客様の要望に応じて作るので、
コンスダウンは大変です。

というのも、1品づつお客様の要望に応じて作るので、
本来高くついて当たり前だからです。

しかし、注文住宅にあこがれるお客様は多い。
とすると、注文住宅をコストダウンして、

お手頃価格で提供できたら、差別化になる筈です。

では、どのようにすれば、注文住宅のコストを落とすことができるか?
私が考える秘訣をお伝えしていきます。

規格住宅を用意すると、コストダウンできる

工務店セミナー開催中

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス代表の後藤坂です。
注文住宅だから、1から10まで全て、

お客様の希望をお聞きして、作らないとならないということは
ないと思います。

それに、ドアノブ1つ、水道の蛇口1つも、
全て選びたいというお客様は、多くありません。

確かに「住宅」は、人生最大の買い物です。

だからといって、たった1度の買い物のために、
人生の貴重な時間を使って、
家のこまごまとしたことを学ぶ必要はないと思います。

どんな間取りの家にしたいとか、トイレ、洗面、お風呂、キッチン等の
設備機器をどうしたいとか?

床や壁や天井の内装材をどうしたいとか?

外観は、どうしたいとか?
屋根の色や、素材は何にしたいとか?

そんな程度のことを決められればいいと思うのです。

その意味でも、自社なりの「規格住宅」を用意して、
セミオーダー的に、お客様のご要望をお聞きする
というスタイルでいいと思うのです。

それで、注文住宅と言えども、
大きくコストダウンできると思います。

注文住宅の仕様、設備は決めておく

注文住宅をコストダウンするためには、
あらかじめ、仕様や設備は決めておくべきだと思います。

統一感を持って、自社の標準仕様を決めておけば、
いちいち選ぶ必要がなくなります。

標準仕様を決めた上で、お客様のご要望があれば、
変更するというのが、効率もいいし、

コストも下がる筈です。

1つ1つ材料代が高い安いということもありますが、
あらかじめ吟味しておけば、

施工も簡単になるし、失敗も少ないし、
失敗した時のリカバリーも簡単になる。

豪華なものは、オプションにすれば、コストは落ちる

注文住宅でも、規格化しておいて、
重要な部分だけお客様のご要望に応じて変更すれば、

コストダウンになって、手が届きやすくなります。

そこで注意としては、豪華なものは、
オプションにすべきだということです。

標準は、「普通」でいいと思うのです。

お客様が、どこに価値を置いているかによって、
「豪華にしたい」場所は変わります。

その希望を聞いて、変更できるようにしておけばいいと思うのです。
ただし、あくまでも、「自社の標準」なり「お勧め」は、
決めておいた方が、いいと思います。

選択肢が多すぎると、選べなくなるからです。

注文住宅の設計基準を決めておく

フル注文住宅は、手間暇がかかるので、
それがそのままコストに反映し、

高くなります。

コストダウンしようと思うと、
ある程度「設計基準」を決めておくべきです。

基本の坪数とか、窓の数や種類とか、屋根の形状と、素材とか、
建物の形とかです。

四角い家で、間仕切りは自由に決めていいとなっていると、
考えやすいし、

出隅とか、入隅が入ると、1箇所いくらと決めておけば、
いいと思うのです。

内装に自然素材を採用する

私の会社は、自然素材の内装材メーカーなので、
あえて提案したいと思うのが、

内装は、自然素材にするということです。

規格型の注文住宅にすると、
コストが下がるということはご理解頂けたと思いますが、
それだけでは、つまらないように思うし、

他社との差別化も出来ないと思います。

そこで、1点豪華主義で、
内装はオール自然素材にしてみるのです。

床は、無垢フローリング、壁、天井は、
塗り壁とか、自然素材の壁紙にするのです。

気持ちいいという「価値」をプラスするのも、
コストダウン以上に価値があると思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社の建材で差別化したいとお考えの方は、資料をご請求ください

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、ホームページやブログを始め、
メルマガ、Facebookその他、インターネットを活用することで、
「売り込まなくても、買って頂ける」会社になりました。

そして、そのノウハウを会員工務店に教えたら、
彼らも「売り込まなくても、契約を頂ける」ようになりました。

今は、そのノウハウを工務店セミナーで公開しています。
興味のある方、「工務店Web集客自動化セミナー」にお越しください。

工務店セミナーは、こちら

カテゴリー: 注文住宅 コストダウン | タグ: , | 注文住宅のコストダウン5つの秘訣 はコメントを受け付けていません。

工務店の見学会集客を改善する

投稿日:2016年04月21日 作成者:


工務店にとっては、現場見学会を開催して集客を図る
というのは、効率がよく、また、身の丈にあった
集客方法だと思います。

しかし、チラシを撒いても反応率が落ちているし、
コツコツとポスティングするとか、ホームページに掲載するとか、
どうすれば、工務店が開催する見学会の集客を改善する
ことができるのか? 考えてみたいと思います。

見学会集客の基本は、チラシを撒く、ポスティングする

工務店セミナー開催中

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス代表の後藤坂です。
工務店が開催する現場見学会の集客は、

チラシを撒いたり、ポスティングするというのが、
基本だと思います。

しかし、今は、10,000枚に1件とか、
20,000枚に1件といった程度しか、「反響」がありません。

もちろん、地域によったり、チラシの内容によっては、
もっと効率がよくて、2,000枚に1件とか、
3,000枚に1件という場合もあると思います。

仮に、チラシの印刷と配布が1枚10円かかるとしたら、
3,000枚配ると、30,000円かかりますから、

現場見学会に来てもらうだけで、1件30,000円かかる
ということになる訳です。

もし、10,000枚に1件なら、1組の見学会来場で、
10万円の経費がかかるということです。

そういう意味では、今はチラシの効率が良くないです。

しかし、それでも、現場見学会を開催する場合、
織り込みチラシを入れたり、チラシのポスティングは、
したいと思う。

ただ、まずはお金がかからない方法を試したい。

ホームページに告知するという見学会集客の方法もある

工務店の見学会開催をホームページに告知して、
集客するというのは、費用も掛からないし、
効率がいいと思いますが、

そもそもホームページを見てもらえていないとするならば、
あまり効果を発揮しない。

見学会開催の概要をホームページに掲載したら、
ホームページを見てもらえるよう、

アクセスを集めたい。

ブログを書いて紹介したり、SNSを使って紹介する
という方法もありますが、

手っ取り早くインターネット広告を活用するという方法もあります。

広告を出すのも、工務店の見学会集客の基本

工務店が現場見学会を開催する場合、
集客のために、紙媒体に、広告を出すというのも、

シンプルな方法です。

ミニコミ誌が発行されていたら、そういうものにも載せる。
地域で発行されている新聞とか雑誌でもいいと思います。

こちらも、それなりの金額がかかりますから、
先にお金がかからない方法を、

あれこれ試してから、紙媒体への広告もやるというのが
いいと思います。

見学会に集客しても、その後の営業ステップが確立していないと、
クロージングできません。

メルマガを出して、見学会に集客する

日頃から見込み客のメールアドレスをリスト化しているとしたら、
メルマガを発行して、見学会に集客すると、

効率がいいと思う。

ただ、多少の文章力も要求されてしまうので、
日頃から、ブログを書いたり、SNSを活用するなどして、
文章力を鍛えておきたいと思う。

しかも、見込み客のメールアドレスが集まる仕組みを
自社のホームページの中に構築しておく必要がある。

工務店は、OB客を見学会に誘う

OB客とは、以前に建ててくれたお客様のことですが、
見学会には、OB客も誘いたいし、

あわよくば、OB客に見込み客を連れて来て
もらえるようにしたい。

露骨に「紹介」してくれと言う訳ではなく、
自社の活動状況を知っておいてもらって、

自然な形で紹介を促したい訳です。

いかがだったでしょうか?

工務店が見学会に集客する場合、
お金をかけない方法から、お金をかける方法まで、

沢山の集客方法があることが、
改めて分かったのではないでしょうか?

全部やった方がいい訳ですが、
まずは、お金のかからない方法を十分にためし、
その後、お金をかける方法も試したいと思いますね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社の建材で差別化したいとお考えの方は、資料をご請求ください

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、ホームページやブログを始め、
メルマガ、Facebookその他、インターネットを活用することで、
「売り込まなくても、買って頂ける」会社になりました。

そして、そのノウハウを会員工務店に教えたら、
彼らも「売り込まなくても、契約を頂ける」ようになりました。

今は、そのノウハウを工務店セミナーで公開しています。
興味のある方、「工務店Web集客自動化セミナー」にお越しください。

工務店セミナーは、こちら

カテゴリー: 工務店 見学会 集客 | 工務店の見学会集客を改善する はコメントを受け付けていません。

工務店の集客セミナー活用術5つの秘訣

投稿日:2016年03月29日 作成者:


知らないことを習ったり、新しいノウハウを
導入するためには、常に勉強が必要です。

工務店の集客に関するノウハウや技術も
セミナーで修得するのが、もっとも効率がいいと思います。

工務店の集客セミナーも、各種企画されていると思うので、
自分にあった集客セミナーを選んで参加されるといいと思います。

質の高い集客ノウハウというのは、いくつかの秘訣があると思います。
私が感じる秘訣を5つに絞って解説してみたいと思います。

工務店の集客セミナー活用術1:自分に合っている

工務店セミナー開催中

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス代表の後藤坂です。
工務店が集客セミナーに参加して、

得したなと思えるためには、自分に合っているかどうかという点も、
大きなポイントになると思います。

いくらノウハウが優れていても、
自分に合っていない集客方法だったら、

身に付かないし、お金の無駄使いということにもなりかねません。

工務店の集客セミナー活用術2:再現性がある

工務店の集客セミナー活用術2つめの秘訣は、
ノウハウに「再現性」があるということです。

再現性とは、同じようにやったら、同じような結果が出る
ということです。

もし、再現性がないとしたら、
いくら頑張っても、苦労が実になりません。

なるべく再現性のあるノウハウを選んで、
取り組んでみられたらいいと思います。

工務店の集客セミナー活用術3:小予算で出来る

次の秘訣は、小予算で出来るということです。
工務店の集客というと、チラシを撒いたり、

住宅雑誌に広告を出すといったことが考えられますが、
どちらの方法も、数十万単位の投資になります。

しかも、紙媒体の広告というのは、
長期的な反響を期待できません。

その意味でも、小予算で実施できる集客法とはいえません。

工務店が集客セミナーに参加するのなら、
断然、インターネット活用に関するセミナーが

いいと思います。

工務店の集客セミナー活用術4:資産になる

工務店の集客セミナー活用術4つ目の秘訣は、
資産を構築できるということです。

紙媒体の広告は、直ぐに反響がなくなるので、
資産としての長期的な価値はありません。

しかし、インターネットに「コンテンツ」を蓄積していくと、
「検索」という形で、

情報を探している人に、いつでも、そして、
いつまでもリーチすることが出来ます。

インターネットを上手に活用することを勧める
工務店のための集客セミナーに参加されると

いいと思います。

工務店の集客セミナー活用術5:但し、実践する

そして、5つ目の秘訣が、実践するということです。
いくら優れたノウハウを学んでも、

実践しなかったら、スキルは、自分のものになりませんし、
いつまで経っても資産は構築されません。

ノウハウを学んだら実践する。

それが、工務店の集客セミナー活用術の秘訣です。

いかがだったでしょうか?
工務店のための集客セミナーは、

色々な種類のものが展開されていますが、
自分にあったものを選んで、それが再現性のあるもので、
小予算で出来て、資産となるものであれば、

あとは実践行動して、ノウハウを自分のものにすることが、
いかに大切であるかが、お分かり頂けたのではないでしょうか?

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社の建材で差別化したいとお考えの方は、資料をご請求ください

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、ホームページやブログを始め、
メルマガ、Facebookその他、インターネットを活用することで、
「売り込まなくても、買って頂ける」会社になりました。

そして、そのノウハウを会員工務店に教えたら、
彼らも「売り込まなくても、契約を頂ける」ようになりました。

今は、そのノウハウを工務店セミナーで公開しています。
興味のある方、「工務店Web集客自動化セミナー」にお越しください。

工務店セミナーは、こちら

カテゴリー: 工務店 集客 セミナー | タグ: , , | 工務店の集客セミナー活用術5つの秘訣 はコメントを受け付けていません。

工務店の集客アップのヒント5

投稿日:2016年03月18日 作成者:


チラシの反応率が落ちて、今では、
1万枚か2万枚に1件程度しか問合せがないことが、
当たり前のようになりました。

工務店が集客アップしようと考えると、
チラシを大量配布しても無理ということになります。

しかも、いくらチラシを撒いても、
お客様は必ずホームページを確認するので、
ホームページが良くないと、集客できないという話になる。

では、工務店の集客アップに役立つ秘訣とは、どんなことでしょうか?
私が感じる集客アップのヒントを書いてみたいと思います。

工務店の集客アップのヒント1:良いホームページを作る

工務店セミナー開催中

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス代表の後藤坂です。
私は「出来のいい」ホームページという呼び方をしていますが、

工務店は、お客様が、読んでくれて、好きになってくれて、
資料請求やお問合せといった

行動を起こしてくれる「結果の出る」力のある
ホームページを作らないとならないと思う。

もし今あるホームページが、「出来がよくない」のなら、
直さないとならない。

どんなチラシに、良いことを書いても、
ホームページを見て、がっかりされたり、不信感を持たれるようでは、

絶対にお問合せも、資料請求もしないし、
現場見学会にも来てくれない。

だから、工務店の集客アップには、出来のいいホームページが
欠かせないと思うわけです。

工務店の集客アップのヒント2:ブログを書く

工務店の集客アップのヒント2は、日々ブログを書くことです。
ホームページは、ある意味固定情報だし、

どちらかというと、情報量たっぷりだと思います。

しかし、日々の動きが感じられない。
だから、自分や自社の「今」を伝えようと思うと、

日々ブログを書いた方がいいし、
ユーザーも、ブログを見て、

工務店の「今」を知る訳です。

ブログを書いていないとか、書いていても、
最後の記事が2年前で、

今は全く書いていてないといったブログを公開していると、
「この会社まだあるの?」
「潰れたんじゃない?」と、思われてしまう。

だったら逆に書かないほうがいいんじゃない?
と、言うと、それは違っていて、

工務店が集客アップしようと思うと、
プログは書いた方がいい訳です。

工務店の集客アップのヒント3:SNSを活用する

次に、工務店が集客アップするために必要なことは、
SNSを活用するということです。

SNSも沢山あるので、
自社のことや、自分のことを知ってもらって、

仕事に生かしたいということを考えるなら、
FacebookとTwitterくらいでいいと思うし、

可能であれば、YouTubeなんかも使えるようになりたい。

ただ、まずは、Facebook程度でいいと思うので、
ブログで書いたことをシェアしたり、

自分の考えや、感じたこと、
人柄を感じさせるエピソードなどを投稿したい。

工務店の集客アップのヒント4:ネット広告を活用する

そして、工務店の集客アップのヒント4は、
インターネット広告も活用するということです。

出来のいいホームページが出来て、
ブログも書いて、SNSも活用するようになれば、

無料でホームページを見てもらえる機会も増えると思う。

でも、お金を払って、広告でお客さんを集める
作業もした方がいいと思う訳です。

有料と無料、両方のアクセスを集めて、
工務店の集客アップを図る訳です。

工務店の集客アップのヒント5:リアルな広告も打つ

出来のいいホームページを作って、インターネット広告を活用する。
そして、その上で、チラシその他の紙媒体への

リアルな広告も打つのが、
工務店の集客アップに役立つヒントだと思います。

年間の売上金額に対して、ある一定の割合で、
広告予算を確保し、

インターネット広告と同時に、紙媒体のリアルな
広告も打って、お客様と出会うチャンスを増やすことが、

集客アップに役立つと思います。

いかかでしょうか?

工務店が集客アップしようと思うと、出来のいいホームページを作って、
アクセスを増やして、ホームページを見てもらい、

好きになってもらって、資料請求やお問合せを頂く。

そのためにも、ブログを書いて、SNSも活用する。
そして、インターネット広告も、リアルな広告も活用する。

それで、集客アップできると思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社の建材で差別化したいとお考えの方は、資料をご請求ください

資料請求は、こちら

アトピッコハウスは、ホームページやブログを始め、
メルマガ、Facebookその他、インターネットを活用することで、
「売り込まなくても、買って頂ける」会社になりました。

そして、そのノウハウを会員工務店に教えたら、
彼らも「売り込まなくても、契約を頂ける」ようになりました。

今は、そのノウハウを工務店セミナーで公開しています。
興味のある方、「工務店5ステップ営業法セミナー」にお越しください。

工務店セミナーは、こちら

カテゴリー: 工務店 集客アップ | タグ: , | 工務店の集客アップのヒント5 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210 受付時間:平日8:00~17:00

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

後藤坂の「日刊メルマガ」地域 No.1工務店になる起業家マインド
メールセミナー 小さな会社の必勝法
メルマガ登録 実録「塩にぎり物語」

Calendar

2018年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

工務店支援セミナー

Facebook(後藤 坂)

facebook

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー