» 店の魅力のブログ記事

緊張感が癖になる、店の魅力

投稿日:2018年01月16日 作成者:


鎌倉に60年続くドイツ料理の店がある。
オーナーで社長の方は、ドイツ人の女性で数年前に
80才は超えていたと記憶しているから、

ひょっとしたら、既に90才に近いかも知れない。

我々夫婦は、最初に店に行ってから、
おそらく20年近くなる。

最近は、会社が移転したこともあって、
店に行く回数が減ったけど、この週末顔を出したら、
あいかわらず女社長は、元気に働いていた。

何年通っても、店に入った瞬間には緊張する。

まず、ドアは、キチンと閉める。挨拶はキチンとする。
そして、席は案内された場所に行かないとならないので、
「指示」を待たないとならない。

挨拶も、そこそこで、勝手な場所に座ろうとすると、
「お叱り」を受ける。

常連客としては、慣れた光景ではあるけど、
初めて来店された方は、「そんな毅然」とした店側の対応を、
あまり経験したことがないだろうから、驚いている感じがする。

我々も、数年前にパーティーに誘ってもらったことがあって、
その段階で、一応、常連さんの仲間入りをさせて頂いた。

おそらく90才近いドイツ人の女社長は、
流暢な日本語を話し、英語も、ドイツ語も普通に話す。

普通のことだとは思うけど、ドアを閉めなかったり、
挨拶をしなかったりすると、「お客に注意」し、
ドアを閉めさせるし、挨拶をさせる。

常連になっても、オーダーを通す時には、
「何を頼んでいいか?」迷う。

それは、店には店の「食べさせたい組み合わせ」
というのがあるから、ミートローフを頼むと、マッシュポテトがついてきて、
ソーセージを頼むと、コールスローが付いてくるとか、

決まっているから、コールスローだけ頼もうとすると、
「ついてるよ」と言う話になる。

だから、付き合わせに何が付いているかまで確認して注文しないと、
受けつけてくれない。

そして、肉汁はマッシュポテトにからめて、
平らげるよう指導が入る。

面倒くさいと感じる人もいると思う。
しかし、店のルールに従って過ごすと、居心地が悪い訳ではない。
料理も美味しいし、ロケーションも良い。

ある一定の割合でお客さんさえついてくれれば、
「やりたいようにやる」のが、正しい選択肢なのだと思う。

さて、今日も一日頑張りましょう。

工務店のDM丸投げできます!

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウス代表の後藤坂です。
私の会社では、「住宅営業お便り当番」という
顧客育成ツールを作っています。

小さな工務店が怠りがちなOB施主のフォローや、
新規着込み客の追客に役立つツールです。

御社名で毎月、ニュースレター・定期点検案内等、
全てのDMを制作し、代行発送致します。

原稿を作る必要も一切ありません。

自分は、目の前のホットなお客様に集中し、そのうち客や、
OB客のフォローは、おまかせ頂けます。

住宅営業お便り当番のサイトは、こちら

カテゴリー: 緊張感 癖 店の魅力 | タグ: , , | 緊張感が癖になる、店の魅力 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210 受付時間:平日8:00~17:00

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

後藤坂の「日刊メルマガ」地域 No.1工務店になる起業家マインド
メールセミナー 小さな会社の必勝法
メルマガ登録 実録「塩にぎり物語」

Calendar

2018年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

工務店支援セミナー

Facebook(後藤 坂)

facebook

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー