プロ施工サポートサイト.com ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

注文住宅で、差別化できるか

  • 10
  • 6月
  • 2015

こんにちは!
自然素材を活用して地域№1を目指す工務店応援ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

単に、注文住宅では差別化できないと思います。

工務店セミナー開催中

地域密着の工務店の場合、「注文住宅」が普通だと思います。
だからプランが出来ないと、見積もりではないという
話しになる。

良い言い方をすれば、それが「注文住宅」の魅力だし、
醍醐味とも言えます。

しかし、時間がかかるし、大抵は高くなるから、
その後「あれを削って」「これを削って」という

悲しい作業が待っている。

その間、お客様と、親密な会話をするから、
ある意味、その作業を通して、

仲良くなれるとも言えるし、
どこの会社でも似たようなことをしているとも言える。

しかし、「行列が出来る工務店」は、
同じように注文住宅をやりながら、

もっと効率よく、仕事をしている。

というのは、「住宅」という「商品」を用意して、
お客様に提示する流れを確立しているのです。

といっても、ハウスメーカーではないのだから、
立派なパンフレットを作る訳ではありません。

ただ、何もないと、説明が出来ないので、
標準的な仕様と、建物の大きさを決定しておいて、

価格も決めておいて、手作りに近いような
簡単なパンフレットは、用意しておくのです。

メニューのないお寿司屋さんに行って、
トロ~ ウニ~ と景気よく注文できるお客様は

多くありません。

大抵は、値段が気になって、そんなお店には行きません。

だから、自社の「標準的な家」を用意しておくのです。
といっても、「その標準仕様のまま」建てるというお客様は、
多くないです。

それでも、「この会社で建てると、いくらになるのだろう?」と
考えるお客様の目安にはなるので、

検討してもらいやすくなるのです。

「家は商品じゃない」と考えるのは、
我々の勝手な思い込みです。

ユーザーは、「家を商品として」買っているのです。

たとえ、「ゼロから建てている」としても、
「買っている感覚」が、ユーザーの実感に近いとするならば、

ユーザーの感覚に合わせる必要がある訳です。

「自社の標準的な家は、こうです」
と、示しておいて、

オプションとして、こんなものが付けられますとか、
自由設計で、フルオーダーだったら、

こんな家が建てられますと、説明すればいい訳です。

最初に検討して頂くためには、
まずは、「注文住宅」の標準的な「商品」を用意しておくべきなのです。

アトピッコハウスでは、「はなまる工務店」という会員組織を
運営していて、会員向けに、

「企画住宅」の仕様とか、パンフレットを
低価格でご提供しています。

少し自社に合わせて変更してもらえれば、
自社の「住宅商品」が完成するようにしているのです。

そのまま建てる人は多くありませんが、
「定食メニュー」がないと、

検討してもらえないのです。

こだわりの自由設計で、豪華な家を建てるのは、
お客様の予算を把握してからやってください。

予算オーバーだと、結局、あれを削り、
これを削りと言った「悲しい家づくり」になってしまいます。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社の建材で差別化したいとお考えの方は、資料をご請求ください

アトピッコハウス株式会社 無料で資料請求

アトピッコハウスは、ホームページやブログを始め、
メルマガ、Facebookその他、インターネットを活用することで、
「売り込まなくても、買って頂ける」会社になりました。

そして、そのノウハウを会員工務店に教えたら、
彼らも「売り込まなくても、契約を頂ける」ようになりました。

今は、そのノウハウを工務店セミナーで公開しています。
興味のある方、「工務店Web集客自動化セミナー」にお越しください。

工務店セミナーは、こちら