プロ施工サポートサイト.com ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

他社との差別化は、商品ではない

  • 09
  • 7月
  • 2015

こんにちは!
自然素材を活用して地域№1を目指す工務店応援ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

他社との差別化というと、工法を考える人が多い。

工務店セミナー開催中

真面目な工務店ほど、「いい家」を建てているという
自負があるから、

工法で差別化しようという気持ちも
よく分かります。

工法の勉強をするとか、腕を磨くということには、
夢中になる。

でも残念なことに工法で差別化しても、
家は売れないと思う。

では、「素材」で差別化できるのか?
アトピッコハウスは「自然素材の内装材メーカー」です。

いわゆる素材の開発や販売をしていますから、
「素材で差別化しましょう」という提案をしたい。

でも正直に申し上げて、
「どこそこの商品を使っています」というだけでは、

差別化にはならない。

特殊な商品で、特定の人しか使えないという商品なら、
「〇〇製の〇〇」を使っているということが、

ウリになるのかも知れません。

しかし、たとえ、商品に魅力があっても、
それで家が売れるとは限らない。

地域密着の工務店は、昔は紹介だけで
仕事が回っていたから、

「営業する」とか「集客する」という感覚を持っていない。

だから、仕事が減ってくると、
差別化のために、腕を磨いたり、

商品や工法に頼ろうとするのです。

「家で差別化」するのは、安易です。
そして、家では差別化しにくいというのも、
事実なのです。

他社との差別化のつもりで、工法や新しい建材を
導入しても、直ぐに真似されます。

それに、家を建てるユーザーに響くのは、
工法でもなければ、素材でもありません。

またキッチンでもなければ、その他の設備でもありません。

ハウスメーカーなら、営業マン。
工務店なら、工務店社長です。

地元の工務店に頼んでみようかなと考える人は、
工務店の経営者が、どんな人で、

何を考えているかが、とても気になるし、
そこで判断、評価するのです。

だから、社長がどんな思いで工務店経営をしているのか?
どんな家を建てたいと考えているのか?

それをしっかりとアピールする方が、
他社との差別化になるのです。

しかも、工務店社長の人柄、こだわり、歩み等に
魅力があれば、それが一番の差別化になるし、

他社は真似しにくいのです。

でも、ここで問題が起こります。

「自分には、そんな魅力がないとか、
ドラマチックな物語がない。」

と考える、工務店社長が多いのです。

しかし、歩んできた道を振り返ると、
自分にとっては、「当然の苦労」と思うことが、

人から見たら、とても魅力的に見えたりする場合があるのです。

私は、「はなまる工務店養成塾」という全6回の講座で、
どのようにして、

社長の魅力を引き出し、伝えていくかのコツを伝授しています。

そして、「あこがれてもらえる存在」になれるよう、
リードさせて頂いているのです。

大きく背伸びしなくても、ありのままの自分を
気に入ってくれる人はいます。

でも、伝えないと伝わらない。

だから、伝え方のスキルを身に付けることが大切なのです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社の建材で差別化したいとお考えの方は、資料をご請求ください

アトピッコハウス株式会社 無料で資料請求

アトピッコハウスは、ホームページやブログを始め、
メルマガ、Facebookその他、インターネットを活用することで、
「売り込まなくても、買って頂ける」会社になりました。

そして、そのノウハウを会員工務店に教えたら、
彼らも「売り込まなくても、契約を頂ける」ようになりました。

今は、そのノウハウを工務店セミナーで公開しています。
興味のある方、「工務店Web集客自動化セミナー」にお越しください。

工務店セミナーは、こちら