プロ施工サポートサイト.com ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

建築会社か工務店か、建設会社か?

  • 29
  • 7月
  • 2015

こんにちは!
自然素材を活用して地域№1を目指す工務店応援ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

建築会社というと、工事が出来る会社全部のことです。

工務店セミナー開催中

ただ、業界の中にいる人間にとっては、
建築会社というと、

比較的大きな会社をイメージします。

そして、建設会社というと、ゼネコンをイメージします。

では、家を建てるユーザーは、
そんな違いを理解しているでしょうか?

実際のところ、「工務店」が、
何をする会社か分かっていないし、

〇〇建設も、家を建てる会社だという理解はしていません。

我々プロの認識では、
木造注文住宅を建てる地域密着の建築会社は、
「工務店」とか「〇〇建築」といった名称の場合が多い。

そして、〇〇工務店の場合は、株式会社や有限会社という
法人格を持っている人が多いけど、

〇〇建設の場合は、法人格を持たずに、
個人で営業している場合が多い。

昔のように「大工棟梁」に家づくりを頼む場合なら、
法人格が有ろうが無かろうが、

建築会社だろうが、工務店だろうが、
名称も関係なかったかも知れません。

しかし、ユーザーに支持してもらって、
直接仕事を受注したいと思うのであれば、

「自分がなにもの」であるかが、
会社名でピンと来るようにしたいものです。

〇〇ホームとか、〇〇ハウスというのは、
ハウスメーカーのようではありますが、

「家を建てる会社」と、直ぐに分かるので、
使っていいと思います。

ただ、自分の会社が建築以外の仕事もやっていて、
〇〇ホームや、〇〇ハウスが相応しくないというのなら、

〇〇工務店でもいいと思います。

工務店と、建築会社のどちらが、
よりユーザーに認識されているかというと、

正直大差はないと思います。

ただ、私としては、「工務店」のほうが、
「個人住宅を建てる会社」といった認識が強いです。

あとは、自社をどう表現し、
情報発信するかで、

周りの見方が変わるし、見られ方が変わると
思います。

自分の会社は、どんな会社で、何を得意としているのか?
そして、自分はどんな信条で仕事をしているのか?

そうしたことを日々情報発信していきたいと思います。

すると、家づくりの専門家と認識され、
問合せや資料請求といったことが

発生するようになると思います。

社名は重要なので、
もし、建築工事を「元請け」として

受注したいのであれば、
「元請け」に相応しい名称にし、

インターネットを活用して、情報発信すべきだと思いますね!

個人住宅や注文住宅なら、
〇〇ハウス、〇〇ホーム、〇〇工務店、〇〇建築の順番でしょうか?

〇〇デザインだと設計事務所のイメージだし、
〇〇建築工房も、設計寄りのイメージがします。

ただ、デザイン性を強調した家づくりをしたいという場合は、
「デザイン」とか「建築工房」もありかも知れません。

要は、「自分は何者」で、「どう見られたい」のかによると
思います。

私は、自然素材の内装材専門メーカーの経営者というのが、
自分にあっています。

家づくりに直接携わるというよりも、
素材作りのほうが好きなのです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社の建材で差別化したいとお考えの方は、資料をご請求ください

アトピッコハウス株式会社 無料で資料請求

アトピッコハウスは、ホームページやブログを始め、
メルマガ、Facebookその他、インターネットを活用することで、
「売り込まなくても、買って頂ける」会社になりました。

そして、そのノウハウを会員工務店に教えたら、
彼らも「売り込まなくても、契約を頂ける」ようになりました。

今は、そのノウハウを工務店セミナーで公開しています。
興味のある方、「工務店Web集客自動化セミナー」にお越しください。

工務店セミナーは、こちら